妊娠線の悩み

妊娠線(ストレッチマーク)の予防クリームと消すクリームを知りませんか?

後悔、悩み、決断…妊娠線のイロイロ

実際に妊娠線が出来てしまうと様々な悩みを抱えるようになります。「着たい服」「やりたい事」が妊娠線のせいで制限されてしまうのはやはり辛いものです。中には涙ぐましい工夫と努力で、何とか妊娠線と上手にお付き合いしている人も。

  • 20代前半で出産し、妊娠線ができました。海が大好きで、毎年ビキニを着ていたので諦めたくない!!カバー水着やパレオで今年の夏も楽しむつもりです。(20代後半 2児の母)
  • バツイチで、出産・離婚の後も何人かの男性とお付き合いしています。妊娠線が気になる、とはっきり言われてしまったこともあり、結構ショックでした…今の彼は気にならないと言ってくれてはいますが、不安でいつも照明を暗くしてしまいます。(30代前半 1児の母)
  • とくに夏場は、露出の多い服が好きだったけどあきらめた。胸にも妊娠線が出来てしまったので着られる服が本当に減りました。(30代後半 2児の母)
  • お風呂で子どもたちにちょくちょくバカにされて、本気でムカつきます。あんたら産んでこうなったんだよ。(40代前半 3児の母)
  • ボディピアス仕方なく卒業。シワシワだしそれどころじゃない。(20代後半 2児の母)

目立たなくするテクニック、イロイロ

妊娠線をなるべく目立たないようにする小技は、無いわけではありません。次のページから美容整形以外の、誰にでも手が届くテクニックを紹介します。